有事の際には、資金戦略は会社の生死を決する最重要事項である。私たちは即座に資金戦略担当メンバーを集め、リスクを判定し、様々なシナリオに備えるサポート行う。また、キャッシュフローについては、リリースのタイミングの早いものから順に交渉しバランスを取ると同時に、従業員、顧客、サプライチェーンの全てを維持するために資金戦略プランを立案する。

特に対応に急を要する場合には、第三者の合理的な視点が必要な局面が多いが、初動を早くするためにも、平時からコミュニケーションを密に取ることが必要である。

社内にも社外にも交渉力を発揮できるもの第三者のコンサルティングチームを使うメリットである。

また、環境が激変した場合や、既存事業が致命的な打撃を受けた際は、全社的な再構想が必要となるが、その場合も事業戦略チームと組織戦略チームとの連携したサービス提供が可能である。